XM(エックスエム)の入金方法にはどのようなものがあるのでしょうか?今回はXM(エックスエム)の入金方法「STICPAY入金」について解説します。

XM(エックスエム)入金方法「STICPAY入金」とは?

国際決済サービスの一つである「STICPAY」で入金する方法です。

STICPAYとは?

キプロスにあるSTICPAY.STIC FINANCIAL LTDが提供する国際決済サービスです。

STICPAYは「デジタルウォレット」ですので

  • 外国為替機能:複数通貨での入金・支払・出金が可能
  • 送金機能:メールアドレスで相手の口座に送金が可能
  • STICPAYカード:口座をコンビニATMから出金可能

という機能があります。

STICPAY口座開設はこちら

XMでは、「STICPAYからの入金」「STICPAYへの出金(入金した金額までの出金)」に対応しているので、STICPAY口座を開設して、そこにお金を入金しておけば、いつでもすぐにXM口座に入金できることになります。

海外FXを利用する投資家の間で利用される機会が多かった国際決済サービスと言えば「NETELLER」ですが、海外FX業者やバイナリーオプション、オンラインカジノ業者などの利用を停止しました。そのため、代替手段として「bitwallet」「STICPAY」が重宝されることとなったのです。

「STICPAY」は、「STICPAY」カードが使えるのが大きな魅力のオンラインウォレットです。

XM(エックスエム)入金方法「STICPAY入金」のメリット

  • 数分で口座に入金が反映される
  • STICPAYは日本語対応している
  • STICPAYカードで口座のお金をコンビニATMで引きだせる

XM(エックスエム)入金方法「STICPAY入金」のデメリット

  • STICPAY口座を開設する必要がある
  • 送金手数料が発生する
  • STICPAY口座に入金するのにも、送金手数料が発生する
  • 出金できるのは、入金した金額まで

XM(エックスエム)入金方法「STICPAY入金」の注意点

STICPAYも使えなくなる可能性がある

「NETELLER」が利用できなくなったのも、日本人が「NETELLER」を使って、海外のFX業者・バイナリーオプション業者・オンライン事業者を利用することが目立ってしまって、金融庁に圧力をかけられたことがきっかけとなっています。

「STICPAY」も、キプロスの会社であり、日本の金融庁の登録をしている会社ではありませんから、ずっと使えるものとは言い切れないのです。

入金した金額までしか出金できない

海外FX業者のクレジットカード入金と同じように

  • STICPAYで入金した金額 → STICPAYで出金できる

のですが

  • STICPAYで入金した金額を証拠金としてトレードして得た利益 → STICPAYで出金できない

という点に注意が必要です。

手数料が高い

STICPAYの手数料は

日本の銀行口座 → STICPAY口座

手数料:2.0%

STICPAY口座 → XM口座

手数料:2.5% + 0.3ドル

XM口座 → STICPAY口座

無料

STICPAY口座 → 日本の銀行口座

手数料:1.5% + 800円

ですので、全体を通して、かなり高い手数料が発生してしまうのです。これは大きなデメリットです。

XM(エックスエム)入金方法「STICPAY入金」の手順

1.STICPAY口座を開設する

口座開設、必要書類の提出をします。

STICPAY口座開設はこちら

2.STICPAY口座をアクティベーション(有効化)化する

メールアドレスの有効化をします。

3.STICPAY口座に入金する

日本の銀行口座から、STICPAY口座に入金します。

4.XMマイページにログイン

5.「資金を入金する」をクリック

6.「STICPAY」を選択

7.「STICPAY口座のメールアドレス」と「入金額」を入力する

XM(エックスエム)入金方法「STICPAY入金」の評判

XM(エックスエム)の場合は、手数料格安で使える

  • クレジットカード・デビットカード入金
  • bitwallet入金

が使えるので

手数料が割高の「STICPAY」は、それほど利用されている入出金方法ではありません。

手数料が高い分、投資家の評判も良くありません。

XMを利用する場合は、別の入出金方法を利用することをおすすめします。